ホーム > お客様本位の業務運営に係る基本方針

お客様本位の業務運営に係る基本方針

基礎となる取り組み ‐お客様からの信頼に値するプロフェッショナルとして‐

【経営理念の実践と企業文化の醸成】

当社のミッションはお客様に最高水準の資産運用サービスを提供することです。そのために最も重要なことは健全かつプロフェッショナルな企業文化を醸成することであると考えております。世界最大級の金融サービス機関であるプルデンシャル・ファイナンシャル・グループの一員として、当社は高い倫理基準に沿った行動規範を策定し、全役職員にその遵守を徹底しております。

プルデンシャル・ファイナンシャル・グループでは、全世界共通の価値観として以下のコア・バリューを定めています。このコア・バリューは、文字通り行動規範の核となる価値観であり、またグループの経営理念でもあります。当グループに所属する全役職員は常にこの理念に沿った行動が求められています。

・ Worthy of Trust(信頼に値すること)
・ Customer Focused(顧客に焦点を合わせること)
・ Respect for Each Other(互いに尊敬しあうこと)
・ Winning(勝つこと)

また、プルデンシャル・ファイナンシャル・グループでは、行動規範とともにコンプライアンスを非常に重視しています。当社では「コンプライアンスに関する基本方針」を定め、社員研修や社長主催の全役職員向けミーティングの機会を通じて、コンプライアンス意識の向上に努めています。

役職員がこれらの行動規範や基本方針に沿って業務を遂行することによって、健全な企業文化が醸成されることこそが、当社のミッションの実現に向けた基礎になり得るのだと考えています。

【フィデュシャリー・デューティー】

当社では、資産運用会社としての忠実義務・善管注意義務を明文化した「フィデュシャリー・デューティーに係る基本方針」を定め、お客様からの更なる信頼向上のために様々な取組みを実施しています。

当社のフィデュシャリー・デューティーに係る基本方針については、以下ウェブサイトにて公表しております。

【スチュワードシップ責任】

当社は「責任ある機関投資家」として、議決権行使を含めたスチュワードシップ活動を通じて投資先企業の持続的成長を促すことにより、お客様の中長期的な投資リターンを拡大することを目指しています。その実現のために日本版スチュワードシップ・コードの受け入れを表明し、インベストメント・チェーンの一端を担う資産運用会社として同コードの各原則への取組みを別途公表しております。

「日本版スチュワードシップ・コードの受け入れ」及び「議決権行使の指図に関する考え方」については、以下ウェブサイトにて公表しております。

運用会社としての専門性追求

【グローバルな運用体制】

当社は、一貫した投資哲学のもと、長年に亘り培ってきた知識と経験に基づき、マーケット環境や取引手法の変化にも柔軟に対応しつつ、常にお客様にとって最適な選択肢となる資産運用サービスをご提供できるよう、運用機能の強化に努めています。

特に、当社はプルデンシャル・ファイナンシャル・グループの資産運用部門の中核を担うグローバルな組織の日本拠点として、グループの有するグローバルな組織力とその運用能力を最大限に活用し、お客様の安定的な資産形成に貢献できるよう最高水準の資産運用サービスの提供に努めております。

【業績評価体系】

お客様の資産を運用するという重要な責務を担う会社として、当社では優秀な人材を確保し、継続雇用することに力を入れております。

運用担当者の業績評価は上記の人材確保のうえでも特に重要であり、各人の業績が運用成果に基づき正当に評価され、かつ他社との比較で競争力のある報酬制度が必須と考えています。担当者が運用成果と報酬の連動性を常に意識できることでお客様の獲得する中長期的なリターンが向上し、結果的に当社のミッションの実現に繋がるものと考えております。

【人材育成・研修】

お客様の利益を最優先に考え、長期投資に適した最高水準の資産運用サービスを提供できるよう、当社では、組織作りの基礎である人材育成にも力を入れています。

役職員一人一人が会社を代表する顔であるという認識のもと、役職員に対して資産運用のプロフェッショナルとしての高度の専門性と職業倫理を要求しています。

また、専門的技能とリーダーシップの両方を兼ね備えた有望な人材については、適切な能力開発機会を提供できるよう努めています。当社グループは市場で高いプレゼンスを有しており、事業規模も大きいため、教育および実務の両面から役職員の能力開発に関する大きな機会に恵まれていると考えております。

こうした研修や教育制度の充実により、役職員のスキルアップを図り、全役職員がお客様のことを第一に考えるという意識を常に持つことで、結果的に当社へのお客様からの信頼獲得に繋がるものと考えています。

適切な商品提案

【適合性原則の遵守】

お客様に適切なサービスを提供するためには、「適合性の原則」に基づき、お客様の資産状況や投資経験などを正確に理解したうえで、投資目的やニーズに沿ったサービスのご提案を行うことが必要です。当社では、お客様の属性を正確に把握・分析し、かつ組織的なチェックが機能するようなプロセスを導入しています。

【商品ラインアップの整備】

お客様の属性や多様なニーズに合わせ、長期的資産形成に適したサービスをご紹介できるよう、当社では、株式、債券などの伝統的資産のみならず、非伝統的資産への投資を含む様々な運用戦略のご提案が可能な体制を整えています。

情報開示の充実

【わかりやすさ・透明性】

当社はお客様の長期投資のパートナーとして、当社の提供する運用サービスをお客様に正確にお伝えしてご理解頂くよう努めており、それが投資家の皆さまからの信頼を得るうえでも非常に重要なことと認識しています。そのため、当社の商品・サービスの説明に係る資料は図表等を用いるなどして、出来る限りわかりやすくするよう工夫に努めています。

勧誘段階も含め、お客様への情報発信を積極的に行い、最新マーケット情報などを適時に開示するように努めています。また、当社の提供する資産運用サービスの内容や仕組み、リスク・リターン等については、お客様属性に沿って適切かつ丁寧なご説明を行うよう役職員への研修などを通じて徹底を図っています。

当社では、以下のような勧誘方針を策定し、公表しています。

【手数料開示】

お客様にご負担いただく手数料等は、当社が提供する資産運用サービスの内容と市場水準に照らして合理的な範囲内となるように設定しております。同時に、当該手数料等が何のサービスに関する対価となっているかを出来る限り明確にすることでお客様から信頼を頂けるよう、手数料等の透明性向上に継続的に努めています。

コーポレート・ガバナンス

【ガバナンス体制】

当社では、取締役会や各種委員会等の組織的な意思決定機関を中心とした経営体制を構築しており、透明性と相互牽制機能が確保された意思決定プロセスが確立されています。また、適材適所に人員を配置し、3 Lines of Defenseを実効性あるものにするよう、内部統制環境の整備を意識した組織作りに努めています。

ガバナンス体制や内部統制環境を整備・強化するとともに、各種研修や、経営陣が率先して模範となる行動を心がけることを通じて、全社的な企業倫理とコンプライアンス意識の向上を図っています。

【利益相反の管理体制】

当社は、グループのネットワークを最大限活用し、そのメリットを享受できるような資産運用サービスをお客様に提供しています。このため、グループ会社との取引を含めたあらゆる取引関係において、お客様との間で利益相反が生じる状況を出来る限り事前に把握し、排除するよう管理体制を整えています。

当社とグループ会社との資本関係や業務上の取引関係が、当社の資産運用業務やお客様に不適切な影響あるいは利益相反関係を生み出す可能性があると判断した場合には、社内規程に従い、そうした状況の回避に向け速やかに必要な対応をとることとしています。

当社の利益相反に関する考え方については、以下で公表しております。